湖面に映るが如く

2021-03-21 (Sun)  17:21

571 伊藤 博文

人に名言 ・ 時の名言


いやしくも天下に
一事一物を成し遂げようとすれば、
命懸けのことは始終ある。

依頼心を起こしてはならぬ。
自力でやれ。



武士(長州藩士)、政治家。
位階勲等爵位は従一位大勲位公爵。
周防国出身。長州藩の私塾である松下村塾に学び、幕末期の尊王攘夷・倒幕運動に参加。
維新後は薩長の藩閥政権内で力を伸ばし、岩倉使節団の副使、参議兼工部卿、
初代兵庫県知事(官選)を務め、大日本帝国憲法の起草の中心となる。
初代・第5代・第7代・第10代の内閣総理大臣および初代枢密院議長、初代貴族院議長、
初代韓国統監を歴任した。
内政では、立憲政友会を結成し初代総裁となったこと、
外交では日清戦争に対処したことが特記できる。元老。


◆初代総理大臣・伊藤博文とは?日本の近代化を支えた政治家を解説!



スポンサーサイト



最終更新日 : 2021-03-21

Comment







管理者にだけ表示を許可