湖面に映るが如く

2021-03-21 (Sun)  14:41

559 勝本 華蓮

人に名言 ・ 時の名言


幸不幸は、過去と現在、他人と自分を
比較して妄想しているだけで、
主観的・相対的なものだ。

この世のものはすべて変化するから、
何かに執着すると苦が生まれる。
「この世は苦」が仏教の基本。

「そうだ。もともと苦なんだ」
と基準を下げると、
プラス面が見えて、
心がうんと軽くなりますよ。


- 雑 感 - ( e_dream21さん )
えっ、「この世は苦」が基本なんですか。
だとしたら、全然大丈夫じゃないですか。(笑)
私は比較の考えをして不幸になっていることが多いのかもしれません。
なかなか幸せになれないのは、幸せの基準が高いからかかもしれません。

日々修行です。(-_-;)



1955年大阪府生まれ。
1991年、天台宗青蓮院門跡にて得度(現在も所属)。
京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。
博士(文学)。専攻はインド仏教学・パーリ学。
花園大学非常勤講師、叡山学院専任講師、ケラニヤ大学パーリ学仏教学大学院客員研究員等を経て、
現在、東方学院講師・叡山学院講師。
著書に
『座標軸としての仏教学』、
『現代と仏教』(ともに佼成出版社)、
『チャリヤーピタカ註釈』(国際佛教徒協会)等のほか、
翻訳書『原始仏典』第6巻・第7巻(共訳、春秋社)があり、
研究論文を多数執筆。
最近は雑誌『サンガジャパン』第4号での対談やNHK教育テレビ「こころの時代」に
出演など活動を広げる。


◆答えが一つでないから仏教はおもしろい 国際日本文化研究センター教授・末木文美士×尼僧・勝本華蓮 | DANAnet(ダーナネット)



スポンサーサイト



最終更新日 : 2021-03-21

Comment







管理者にだけ表示を許可